読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にただの日記

暇人がつれづれなるままに書いた日記です。

最近前山田さんよく登場しますね。
昨日録画したバクマン見たらオープニング曲が変わっており。
何この中2病みたいな詞、ぼそぼそ言ってて何歌ってるか分からないし、
ギター、ベース中心で音が少ない感じとか、どうせまた売れないバンドか、
と思って見たら、歌:ヒャダイン、作詞作曲:前山田健一とあり。

バクマンにまで進出してきたんですね。
しかも編曲はBaseBallBearとか。この人たちもアイドル界隈でよく見る名前。
BLTの完全在宅主義の人ですね。ボーカルがアイドル好きなんですね。
この人たち自身の歌は一回も聞いたことないや。
前山田さんは歌わない方がいいですね。プロデュースしてるだけのがいい。
ボーカルとしての魅力は全く感じられない。


そして今日CDTVをぼーっと見てたら、
ゆずの新曲「REASON」のスタジオライブやると。
説明を聞くと、今回は前山田さんとも共同で楽曲を作りましたと。
おーゆずと混ざりあうとどんな曲できるのかと思ったらこんなんでした。

これは完全に前山田と組んで失敗したパターンですね。
曲もよくないし、編曲の悪さで感動感の少ない曲になっちゃってますね。
ゆずはせっかく栄光の架け橋とか虹とかwith youとか感動系には定評があるのに、
これは余計なことしすぎですね。編曲って大事だ。
安っぽい鼓笛隊みたいなドラムとかピロロロロってなる電子音とか
せっかくのサビなのにわざとリズム強調して流れを止めるとか、
全体的に安っぽくなっちゃってます。
ギターも二人の生の音をちゃんと効かせればいいのに、
全部加工されたものが入っちゃっててエアギターみたいになってるし。


前山田さんは作詞作曲はまあいいとして、
編曲はアニソンとかアイドルソング、ゲームソングとか
そこら辺で止まっていた方がよさそうですね。
電子音とか安っぽさがマッチする曲をやった方がいい。
ゆずとか普通の歌手は、やっぱり生バンドとか生楽器と合わせた方がいい。