読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にただの日記

暇人がつれづれなるままに書いた日記です。

日記 日記

昨日今日となかなかの偶然続きデーでした。
セレンディピティという言葉を思い出し。


昨日は仲良くしている数少ない同期の女の子と
会社の帰りのエレベーターで遭遇。
この子とは無駄によく会う。2週間くらい前もエレベーターで会った。
内定式のときから「私はこの会社入りたくなかった」なんて言う子で、
大学の時からガールズバーで働いていて、
入社してからも掛け持ちしながら数年間働くという、なかなか面白い子。
そんな子だからまあすぐ会社辞めるんだろうなと思いきや、
7年目の今でも会社に残っている不思議。
同じ大学だけど、理系の院卒だから2つ上の同期。
見た目ケバいけどサバサバしたすごくいい子。
m「あ、お疲れー。今日遅いじゃん、もう21時半過ぎてるよ」
同期「最近よく会うね(笑)今日前半休だったから全然余裕」
m「え、大丈夫?」
同「昨日飲み過ぎちゃってさ(笑)気持ち悪くて朝起きれなかったから
眼医者行くことにして休んだんだー。本当は午後も休みたかったんだけどさ」
m「だよねー(笑)来てえらいよ(笑)」
まあ気を使わない、いい子です。


今日は今日とて恋路を邪魔し、邪魔される日でした。
何となく仲良くしてる後輩だけど年上の男の子と、ちょうど帰る時間が同じになり。
ちょうどなのか、合わせているのか分からない、微妙な関係。
エレベーターホールで一緒になったので、
今日も一緒にご飯でも食べて帰るいつもの流れかなと。
そしたら途中の階で、部署異動になった先輩がエレベーターに乗り込んでき。
私たちのこと二人とももちろん知ってる先輩で、
若干勘繰られたこともある、男の先輩。
おっとーこれはまずったーと、全員そう思ったに違いない。
後輩と先輩は仲良しなのでエレベーターでも軽く会話し、
そのまま分かれ道まで話して帰り、私はちょっと離れて後からついていき。
後輩を追いかけていくかどうかとても迷ったけれども、
これ以上先輩に勘繰られるのもなと思い、追いかけずにそのまま帰宅。
あまりよろしくないけれど面白いですね。
先輩はおそらく、
あの2人やっぱり付き合ってたのかー、邪魔しちゃったなー
と誤認識をしたに違いない。
こちらはこちらで、
時間合わせてくれたみたいなのにご飯食べられなくて申し訳ない、
そして先輩に誤認識されたーまずいなーと。
たまにはこういう面白い偶然もあるといいですね。


最後は恋路を邪魔?する話。
ご飯食べて帰れなかったし、まだ20時半だから
毎日10000歩目標にしてた散歩でもしようと思い、
川沿いに繰り出し。
今日はどこのルートで行こうかなと考え、
いつもは行かない橋を渡って、そっち側の川沿いを歩くルートにしようと。
歩いて川沿いの遊歩道につき、何やら3人組のサラリーマンとカップルが。
サラリーマングループとカップルの会話をちらっと聞きながら、
暗いし目が悪いのでよく見えずに歩き。
「11時?おっそー。○○(聞き取れず)じゃん」という、カップルの女性の甲高い声が聞こえ。
意外と若い子なのね、こんなところでイチャイチャしてと思いながら進み。
行き止まりになってそうだからそこで引き返そうと思いきやまだ道が続いていたけれど、
そっちの方向が目的地ではなかったので引き返し。
再度カップルの前を通ると、女の子は制服を着てることが分かり。
あー高校生ね、いいね若くてと思い通り過ぎようとしたら、
「こんにちはー」とその女の子に声をかけられ。
え、今確かにこんにちはーって声かけられたよね?とその子を見たら、
よく見えないけれどピアノ教室で私の前の番の女の子であることが分かり。
うわーそうかーこの辺の地元の中学だったー、
これは絶対中学の時で一緒だった彼氏と逢瀬してるところだわー、
と一人でわたわたしてしまい。
彼氏と会ってるんだから知らんぷりすればいいものの、
そんな元気よくこんにちはーなんて声を掛けられて、こっちがびっくりします。
彼氏と会っているところを見たなんて、
断じてピアノの先生には言わないから安心してね。
そんなこと言ってブログには書いているけども。


偶然っていろいろ重なって面白いなって思うと、
まだ神様は生きててもいいって言ってくれてるのかなと。
人生嫌なこと、つまらないこと、報われないこと、向いてないことばかりで
早く終わってくれないかなといつも思いますが、
その分、ちょっとしたことで喜びを感じられるんだなとも思います。
楽しいこと1割、楽しくないこと9割くらいで
ちょうどいいのかもしれませんね。