読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にただの日記

暇人がつれづれなるままに書いた日記です。

Berryz Berryz

アルバムをやっとPCに取り込みました。とりあえずシングルだけ。
最初から聞いてるけど、いやー濃いですね。
最初の4曲くらいはそこまで重くないんだけど、
呪縛あたりから全部しっかり、がっつりした曲だから胃もたれしそうですね。
あななし〜ジンギスだと、
最初4曲はあんまり好きじゃなくて、軽く流し。
呪縛とスッペ、ここで山場を迎えますね。この2曲は本当名曲。
ここでベリの基礎ができた気がします。方向性が決まった感が。
なん恋は呪縛の亜種みたいな感じであんまり好きじゃないんだけど、
デレシン、ギャグ100と優秀なコミックソングがきて、
ここでまたこういう路線もいけるって感じがしますね。
そしてベリビュですね。
バラードもいけるじゃんって、つんくいい曲書くじゃんってなりますね。
何かもうDisc1だけでベストアルバムです、って言っても
私は納得出来ちゃう感じです。それくらい初期は名曲ぞろい。


Disc2を今聞いてます。
Disc2はイナイレ期ですね。イナイレソングばかり。
成熟しつつ、やる気があるベリが感じられて、これまた充実した盤です。
おそらくファンの中にはイナイレイラネ、タイアップに大事な時期を汚された、
みたいな人もいるかもしれない。でもこの頃の曲全部名曲ですね。
アニソン寄りにつんくが作ってるのかもしれないけど、
それがベリにぴったりハマってますね。
ハマったからこそ、長いことタイアップさせてもらえたんだと思う。
そして非イナイレ曲がいいこと。
ライバル、友友とアニソンの裏で名曲が生まれましたね。
勝手な空想だけど、
抱き抱きあたりでネタ切れ、次どうしようって感じだったんじゃないかなと。
ジンギスでカバーもやっちゃったし、
コミックソングもロックもバラードも演歌調も一通り出した感があったときに、
イナイレタイアップがきて、またつんくがピコーンときたんじゃないかなと。
そしてイナイレが終わると一気に才能枯れ果てちゃいますね。


Disc3はもう何か解散に向かってるなって盤ですね。
チャチャシンが1曲目に入ってるのと、
最後は10年目、ラストソングで占めてるから何とか体裁を成してるけど、
間が本当苦しかったなって思います。
本当メンバー、ヲタ含め、2011〜2013年よく乗りきったなって。
これは年齢の問題がありますね。
コミックソングも青春ソングももう厳しいなって年になっちゃって、
大人、セクシー路線にいって大失敗って感じですね。
ファンはそういうの全然求めてませんからね。
明るくて、楽しくて、バカみたいなベリが好きですからね。
最後2014年、10周年、解散を契機にギリギリ持ち直しましたね。
やっぱりこの辺が限界でしたね。
ヲタとしてはもっとベリを見続けたい、まだまだ若いしいけるじゃん
と思ったかもしれないけど、この辺で幕を引くのが賢明ですね。つんくヤバいし。
今となっては一番いい時に解散したなって思いますね。
9歳が歌ってた歌を22歳が歌うのは限界ですね。


やっぱりアイドルは賞味期限が短いからこそ美しいですね。
コミックソングのグループでありながら、バラードもロックも実は何でもできる、
万能なアイドルグループだなって思いますね。
曲のラインナップだけで熱い10年間だったってのが分かります。
こうしてまた名曲たちが歌われなくなるのは非常に残念ですが、
素晴らしいグループを最初から最後まで追い続けることができたのは
幸せですね。
あと1ヶ月、最後のコンサートまでアルバムを聞きこみます。